GoogleがAndroid O Developer Preview 3をリリース

GoogleがAndroidの次期メジャーアップデートとして開発している「Android O」ですが、Developer Preview 3がリリースされました。

Android O Developer Preview 3

  • Androidバージョン: 8.0.0
  • APIレベル: 26
  • バックグラウンド処理の制限: バックグラウンド処理を自動的に制限することでバッテリー寿命とパフォーマンスを向上
  • 通知チャンル: ユーザがグループごとに通知を管理可能に
  • ピクチャーインピクチャーモード: オーバーレイ型のウィンドウでアプリを利用することが可能に
  • 自動入力フレームワーク: パスワードを自動入力するアプリを選択可能に
  • XMLレイアウトでフォントを使用可能に
  • アダプティブアイコン: 一つのアプリアイコンで様々な形状のアイコンを表示することが可能に
  • 広色域プロファイルのサポート
  • Wi-Fi Awareサポート
  • ショートカットウィジェットをピン留め可能に
  • キーボードナビゲーションの強化
  • LDACサポート
  • aptXサポート
  • Pro Audioサポート
  • WebViewの機能強化
  • Java 8 APIサポート
  • 指紋リーダーを利用したジェスチャーに対応

Developer Preview 3ではAndroid Oのバージョン番号が「8.0.0」であることが判明しており、APIレベルは最終版となる「レベル26」になりました。

APIレベル26のSDKはAndroid Studioの「SDK Manager」からダウンロードすることができ、開発者はAndroid Oに対応したアプリケーションの開発が可能になります。

Android Oは2017年7月に最終版となるDeveloper Previewが公開され、今夏に一般向けにリリースされる予定です。

対応デバイスとBeta Programの登録方法

  • Nexus 5X
  • Nexus 6P
  • Nexus Player
  • Pixel C
  • Pixel XL
  • Pixel

対応するデバイスをお持ちの方は「Android Beta Program」にアクセスし、登録してください。

登録完了後、配信日にお手持ちのデバイスへOTA(Over The Air)でAndroid O Developer Preview 3が配信されます。

Source: Android Developers Blog: Android O APIs are final, get your apps ready!

関連記事を読む