Android 5.0 Lollipopのメモリリーク問題がAndroid 5.1 Lollipopでも発生。Google側もこの問題を認める

Issue-159738

Android 5.0 Lollipopは、リリース時から「メモリリーク」の問題が発生すると多数報告されており、アップデートで改善されることが期待されていました。しかし、Android 5.1 Lollipopでも問題が発生しているとAOSPのIssueトラッカーで複数報告されています。

メモリリーク問題とは

Android 5.0 Lollipopで発生していたメモリリーク問題とは、Androidシステムが通常以上にRAMを占有してしまい、アプリやシステムが再起動したり、ホーム画面の挙動に不具合が発生してしまう問題です。

詳細は「Android 5.0.1のメモリリーク問題をGoogle側が認める。不具合続きのLollipopはユーザの信頼を回復できるのか」を参照して下さい。

Google側もこの問題を認識

Nexus5-System

今回報告されているメモリリーク問題はAndroid 5.1 Lollipopを搭載している端末でも発生しており、Nexus 5ユーザの報告によると、問題が発生している場合にAndroidシステムが0.89GBもRAMを占有していることなどが報告されています。

ただし、この問題は全ての端末で発生しているわけではなく、ユーザがインストールしたアプリの使用状況なども密接に関わっている可能性があるため、一概にAndroidシステムの問題と言い切れません。

Google側は今回報告された問題に対して「この問題は内部的に修正を完了しています。リリーススケジュールは決定されておりません。」と問題を認めており、Android 5.1.1 Lollipop以降のアップデートで問題に対処する方針です。

Source: AOSP Issue Tracker

関連記事を読む