BenQ 24型ワイドディスプレイ GL2460HMのコスパが凄い!

beq

24型フルHDのディスプレイはまだまだ価格高めなイメージですが、GL2460HMのコスパが凄いと評判です。

GL2460HMのスペック

サイズ 24型ワイド ノングレア(非光沢)
アスペクト比/パネル 16:9 / LED フリッカーフリー
解像度 1920 x 1080(HD1080)
画面 画面
画素ピッチ(mm) 0.276
輝度 250 cd/m2
コントラスト比 1000:1
DCR
(Dynamic Contrast Ratio)
1200万:1
表示サイズ(mm) 531.36 x 298.89
視野角
(左右/上下) (CR>=10)
170° / 160°
応答速度 5ms (GTG 2ms)
表示色 フルカラー約1677万色
走査周波数 水平:30~83(KHz) / 垂直:50~76(Hz)
入出力端子 HDMI x1
ミニD-sub15ピン x1
DVI-D x1
スピーカー 1W x 2

低価格になると気になるのは性能ですが、価格の割に高性能です。
このディスプレイでオススメなところは、一般的な用途で必要とされるスペックを満たしつつ、簡素ながらもスピーカーを搭載、入力系統を3つ「HDMI・DVI・D-sub」搭載しているところです。
ディスプレイの調整機能も豊富であり、通常のモニター調整機能の他に、ディスプレイから発せられるブルーライトを軽減させる「ブルーライト軽減」メニューなどがあります。

何気にフリッカーフリー

これは凄く助かります。
長時間液晶モニタを見続けていると誰しも「ちらつき」が気になると思います。
その点GL2460HMではバッチリ対策されており、目の疲れを軽減することができます。
動画の機種はGW2760HSですが、GL2460HMでも同様の効果が得られます。

使えるディスプレイなのか

低価格ディスプレイの購入を検討する際に一番不安になるのが「使える」かどうかだと思います。
GL2460HMは「通常のPC作業・動画観覧」などでは使えるフルHDディスプレイかと思います。
シビアな画像編集作業や、応答速度を求めるFPSゲーマーなどには高価格なハイスペックディスプレイがオススメなのかもしれませんが、一般用途では問題なくメインディスプレイとして活用可能なので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事を読む