外付けハードディスク「IODATA HDC-LA3.0」のコスパが凄い!

HDC-LA3.0

大容量の外付けハードディスクを購入する場合に気になるのは「お値段」ですが、「IODATA HDC-LA3.0」の価格がとっても下がっており、コスパが凄いと話題になっています。

大切なデータを大量保存

HDC-LA3.0のスペック

電源 ACアダプターより電源供給
定格電圧 AC100V±10%(50/60Hz)
インターフェイス USB 3.0 / 2.0
コネクタ形状 USB(Bコネクタ)
フォーマット NTFS
外形寸法 約39(W)×185(D)×120(H)mm ※突起部分含まず
重量 約1.1kg(本体のみ)
使用温度範囲 5~35℃
使用湿度範囲 20~80% ※結露なきこと

「とりあえずバックアップ」にちょうどいい!

3TBもの大容量外付けハードディスクの価格がここまで安くなる時代が来るなんて…
1TBのハードディスクで動画・画像を保存していると、意外にもあっという間にパンパンになるので3TBくらいあると安心できますね。
データの整理が面倒な人でも、USB 3.0のデータ転送速度を活かして「とりあえずバックアップ」を高速に行うことができるので便利です。

nasneの容量拡張に使えるよ!

BDレコーダーよりシンプルで安価!

対応機器からnasneにアクセスして、地上デジタルと衛星デジタル放送のテレビ視聴や録画することができる便利機器。
BDレコーダーなんかよりずっと安価でシンプルで使いやすいと評判が高いです。
外出先でもスマートフォンから操作可能なので、メディアサーバーとしても優秀です。

nasneの容量を拡張する場合の注意点

nasneの容量を拡張する場合に注意する点は「フォーマット」です。
HDC-LA3.0は出荷時にNTFSでフォーマットされているため、nasneに認識させるためにはPCに接続して「FAT32」でフォーマットし直しましょう。
大容量ハードディスクをPCからFAT32でフォーマットするためには一手間必要で「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」を使用します。利用方法は簡単で、フォーマットするハードディスクを選択し、フォーマット形式をFAT32に変更してください。
これらの設定でフォーマットすることにより、nasneにHDC-LA3.0を認識させることができます。

容量不足から脱却

動画や画像を容量を気にすることなく保存できる大容量外付けハードディスク。
価格的に考えても手を出しやすく、買って損はありません。
PC内のデータ以外にも、スマートフォンやSDカード内のデータを丸ごと保存しておけば機器の容量不足も回避できるため、大容量外付けハードディスクを購入して容量不足から脱却しましょう!

関連記事を読む